スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | comment(0) | trackback(0)|
タマ遊び中毒
「ボール遊びしませんか?」
こっぺぱんからこんな連絡を受けた暁は、心が躍る気持ちだった。
連日の仕事でストレスは貯まる一方。
今日は嫁も不在で、なかなかストレスの発散ができない。
ならばとフットサルに行こうとしていたところであり、タイムリーな誘いであった。
「いいね!いこう!ちょうどいこうと思ってたんだ!」
返事を打つ暁の指の動きは軽い。
すぐさま支度をし、家を出る準備をした。

準備が終わったところで、暁は場所の確認をしていなかったことに気付いた。
こっぺぱんに短く確認の連絡を取る。
「どこでやる?いつものとこ?」
するとこっぺぱんは、こんな返事をした。
「暁さんの家に行きますよ^^」
今まで一緒にフットサルに行くときにも、家に迎えに来てくれたことはない。
珍しいな、と思いつつ、暁は家で待つことにした。


1時間後。家のインターホンが鳴った。
「はーい、ラブリー&チャーミングな暁家です」
「どうも、こっぺぱんです。きました」
「今行くよー!」
玄関まで行った暁がドアを開けると、こっぺぱんがいた。

「迎えに来てもらっちゃって悪いね。さあ行こうか」
家を出かける暁。だが、その暁の手を、こっぺぱんが鋭く掴んだ。
「え?どうしたの?」
怪訝な顔をする暁に対し、こっぺぱんは真剣な顔でこう言った。




「ここでやればいいじゃないですか」




刹那。

暁の大きな身体が宙を舞った。
こっぺぱんが、暁を家の中に投げ飛ばしたのだ。


「痛い!な、何をするん―――――――」
しかし、抗議の声は最後まで響かなかった。
こっぺぱんが暁の上に覆いかぶさり、首筋を舐め始めたからだ。



「う、うわぁっ!や、やめろ!」
「いいじゃないですか・・・僕はずっとこの日を待ち望んでいたんですよ・・・
何日も、何回も一緒にフットサルに行ったのは、全てこのため・・・」

一心不乱に暁を味わうこっぺぱん。
突然の出来事に慌てた暁だったが、少しずつ冷静さを取り戻していく。


「な、なんでだよ!ボール遊びをしようって言ったじゃないか!」
「ええ、遊ぶんですよ・・・この2つのボールでね!!」
叫ぶこっぺぱんの手は、暁のズボンとパンツにかけられていた。




「やめろおおおおおおおおおおおおおおおお!!!」





辺り一帯に響く抗議の声も虚しく、暁はズボンとパンツを脱がされてしまった。






「おやおや、流石はプロ候補のゴールキーパー。立派なボールをお持ちですね」
「な、なんてことを!大体、よく考えたらなんで俺んち知ってんだよ!教えてないだろ!」
「突き止めたんですよ、尾行してね!さあ、観念してください。
"僕達のボール遊び"は、これから始まるんですから・・・」
「うわああああああああああああああああああああああああああ!!!」



コート上で常に熱くフットボールを演じる2人。
しかして、その日暁家で繰り広げられた"ボール遊び"は、
普段のフットサルに負けない温度で盛り上がったのだった・・・

Fin.

スポンサーサイト
未分類 |comment(0) |trackback(0) |
怒続
こうなったら意地でも昇格して、奴らをぶっ潰してほしいね。

死ぬほど煽りまくってやる。

来週だ、来週。

横浜FCに恨みはないが、反撃の狼煙の意味で盛大に勝って来い。

未分類 |comment(0) |trackback(0) |
私的な話
ここに書くべきじゃないかも知らんけども。
見てるかどうかわからんけども。

前を向きなさいな。


蝉しぐれ (文春文庫)蝉しぐれ (文春文庫)
(1991/07)
藤沢 周平

商品詳細を見る


黄色い目の魚 (新潮文庫)黄色い目の魚 (新潮文庫)
(2005/10/28)
佐藤 多佳子

商品詳細を見る



紹介までに。

未分類 |comment(0) |trackback(0) |
あと一ヶ月でJリーグ開幕!!

新体制も発表されたことですし、ちょっとした選手紹介的なことをやっていきます。

題して
夜磐的"ジュビロの愉快な仲間たち"紹介!!
プッそのまんまかよw

なお、紹介文はあくまで夜磐のごく個人的な視点であり、
サッカード素人&文章表現力の無いバカの駄文だと思って
付き合ってくださったら幸いです。

それじゃあいくよ~


GK

川口能活
気がつけば入団7年目。昨年はW杯メンバーへのサプライズ選出で一躍時の人に。
夏に怪我から復帰するや否や八田からスタメンを奪い取り、ベテランながらも健在をアピールした。
今季は70%ダウンという驚愕の年俸カットを提示されながらもチームに残留。
溢れるチーム愛に胸が熱くなったサポーターも多いことだろう。
代表からは遠ざかったものの、まだまだ貴方の力は戦力として必要です。

八田直樹
川口不在時にゴールを守り続けたユース上がりの生え抜き小僧。
川口復帰後あっさりと正GKの座を譲ってしまったのは少々もったいなかった。
昨年の前期にバッカスカ失点したせいか少々自身を失い気味で、
持ち味の元気の良さがいまいち見られない。そして最終節で6失点・・・。
もう一度初心に返って、怖いもの無しで暴れる彼の姿を見たい。

竹重安希彦
入団2年目の第3GK候補。昨年、川口不在時は大畑を押しのけて
ベンチに座っていた事から察するに、監督やコーチ陣からはポテンシャルを買われている模様。
ジュビロで唯一夜磐と同い年なので、頑張ってほしいところ。
同い年で高卒でジュビロに入った森野くんは引退しちゃったからね・・・。

植村慶
湘南からレンタル移籍で加入。大井とのレンタルトレード・・・なのだろうか?
プロ8年目を迎えるとのことだが、公式戦の出場数は少なく実力のほどは未知数。
入団するやいなや病気を患って入院。非常に気の毒な滑り出しとなってしまった。


DF

加賀健一
鈴木秀人の後継者。昨年大いに不安視されたCB抜擢だったが、問題なく適応。
ラインの統率まで行い、ただのストッパーではないことを証明した。
それだけに、怪我による離脱で後期はほとんど出られなかったのが残念。
チーム屈指の快足に強烈なミドル、外国人さえもぶっ飛ばすスライディングと
少々エグい武器をいくつか隠し持っているので、マークされるFWは注意されたし。

岡田隆
ピッチ内外で献身的な働きを見せる選手会長。
入団当初は「成岡・大井の同級生」くらいしか印象になった彼だが、気がついたら
彼ら2人を出し抜いてチームに不可欠な選手になってしまっていた。
しかしながら監督はあまり好みでは無いらしく、「他の誰かが不調だから代わりに」とかいう
消極的な理由でしか先発で使ってもらえないのが悩ましい。もっと使ってほしい・・・。

駒野友一
パラメヒコマンの中の人。W杯におけるPK失敗で一躍時の人に。
もっとも、あれがなかったらパラメヒコマンのオファーもなかっただろうけど。
W杯しか見ない人はネタ要員だと思っているらしいが、サイドバックとしては普通に日本最強。
走力もスタミナもあるし、リスクマネジメントも的確。キックも種類が豊富で精度も高い。
W杯の印象だけで、磐田ファンに向かって「駒野ってキック下手だよな」などと言ったら
残念な人を見るような目で見られますよ。

イ・ガンジン
離脱者が相次ぎ野戦病院のような状態に陥った昨季の磐田最終ラインにおいて、
唯一シーズン通して稼動した頑張り屋のCB。開幕戦で開始直後に失点直結のキックミスを
やらかしたときは「やってもうた(補強的な意味で)」と思ったが、
その後は普通に安定した守備を見せてくれた。
いつもちょっと緊張しているように見えるのは気のせい?

パク・チュホ
鹿島から強奪したサイドバック。元アタッカーということで攻撃力が非常に高い。
ビハインドの終盤にサイドバックから2列目に上げるオプション(通称"チュホage")は
昨季前半はけっこう大きな武器となっていた。柔らか笑顔と相まって人気も高かったが、
ナビスコ準決勝でMQNの殺人タックルの餌食となり骨折、シーズン終了。
その年の最後まで「MQN○ね」は磐田サポの合言葉となった。
公式サイトに"パクチュホ 韓国からのメッセージ"がたまに掲載されるが、
「○○を食べた」等のご飯ネタばかり。合流時に太ってなければいいのだが(笑)

金沢淨
FC東京からよもやのカムバックを果たした守備の職人。
年齢的な衰えからフル出場は難しいものの、試合終盤に守備を引き締めるクローザーとしては
現在でも問題なく機能する。地味に得点に直結するキックも健在。
派手さはないが、個人的にはかなり重要な戦力だと思う。

本田慎之介
高卒3年目、タッパが自慢の大型CB。
CBに怪我人が多発した昨季、「本田に出番が!?」と大きな期待がかかったが、
肝心の彼自身が怪我で離脱。ズッコケた磐田サポも多いことだろう。
天皇杯でプロ初先発を飾るが、アマ相手に致命的な同点ゴールを許すなどイマイチ。
依然としてCBは手薄なので、今年は頑張ってくれるとチームとしても心強い。

藤田義明
手薄な守備陣のバックアッパーとして獲得した守備のユーティリティさん。
CBにボランチ、果てはSBと、幅広くこなせる彼の存在は非常に大きい。
何気にかなりのイケメンさんであり、ギャルサポ人気を高めて磐田の集客に貢献を・・・
などと思ってしまうのは観客動員に飢え過ぎであろうか。
当時はイヤだったギャルサポも、観客があんな状態ではいてくれた方が良いなんて考えちゃったり。

山本脩斗
二度に渡る静脈血栓から復活したイケメンレフティ。ポジションは主に左サイドバック。
定着当初は守れない攻めれないの酷いもので、昨年パクチュホが離脱した際には
「お願いだから金沢使って!」という悲痛な叫びすら聞かれた。
そんな願いを裏切り(笑)チュホの後釜に任命された昨季、意外な成長を披露。
ナビスコカップではミキッチにズタボロにされたものの、リーグ戦では
軽率なミスやら簡単にぶっこ抜かれるといった場面は以前に比べて格段に減った。
終盤は地味にクロスボールが冴え、8年ぶりの鹿島撃破に繋がるジウソンの決勝ゴールをお膳立て。
ショートパスが致命的に下手という弱点は残るが、それさえなんとかすれば
バックアッパーとしては十分なのでは、と思う。

古賀正紘
昨年途中に磐田に加入し、瞬く間に磐田の守備を再生させた大型CB。
致命的な弱点であったセットプレー時の守備が格段に向上し、
チームのJ1残留とナビスコカップ制覇に盛大に貢献した。
「永遠の未完の大器」などと揶揄されてきたが、ここにきて完成したと見える。
菅沼もそうだが、こんな化け物みたいな選手を「イラネーヨ」とレンタルで放出し、
その上でJ2でぶっちぎり優勝してくる柏が正直恐ろしくてたまらない。


MF

那須大亮
頼れる主将にして中盤の重鎮。既に完成された選手かと思われていたが、
20代後半にして突如代表クラスと言っても過言ではないボランチに変貌した。
元々はCB志望で、「調子の良い今ならいけるんじゃないか」と久々にCBで起用された
最終節でまさかの6失点・・・。残念、やはりキミはボランチだ。
意外や聞かん坊で、柳下の「下がれ!」という指示に鬼のような形相で「下がらない!!」と
怒鳴り返したりする。ナビスコ決勝でも柳下の「いいから言う事を聞け!!」という
少々乱暴な権力発動で、ようやく言う事を聞いたという内乱を引き起こした。
もっとも、その機転が最終的に勝利を呼び込んだりもしたので、
案外そういう性格も武器になっていたりするのかも?

山田大記
大卒新加入にしていきなり10番を与えられたドリブラー。期待値は新人時代の成岡並。
鹿島との綱引きに勝って手に入れたという事実が期待をさらに大きくさせていると思われる。
どうやら即戦力として計算されている模様だが、いきなりは少々しんどいと予想。
あの岡田だってモノになるのに2年もかかっているわけで。
焦らずゆっくりじっくり育ってくださいまし。

西紀寛
若僧と言われた彼もあれよあれよという間にチーム1の古株になった突貫小僧。
国籍西、言語西、ポジション西。『人間じゃない』とさえ言われたこともある。
絶不調かと思いきや突然ミドルシュート決めたりと、相変わらずやることが読めない。
しかし勝利に対する貪欲さはチーム1で、ナビスコ優勝の後も今後の課題を口にするなど
サポーターや首脳陣以上にチームを冷静に見ていたりもする。
誰もが認めるオフェンスリーダー・・・なのだが、なんとチーム始動直後に
アキレス腱断裂の大怪我で半年もの離脱が決定的。
チームに暗い影を落とした・・・。

菅沼実
昨年と中に古賀と共に柏からやってきたアタッカー。
ナビスコ決勝における逆転ボレーシュートで磐田への完全移籍を勝ち取った。
着こなす事が非常に難しい磐田の水色ユニフォームが異様に似合っている。
昨季は試合終盤に途中出場し、疲弊した相手の足を苛める役割を担当。
ゴールも期待されたが、PKを止められたりクロスバーに当たったり、
オフサイドで取り消されたりと一昨年の康裕を思い起こさせる寸止めの連発で
残念ながらリーグ戦は不発に終わる。西の長期離脱が決定的な今季はスタメンでの起用が
増えることが予想される。J1残留に向け彼の活躍は必要不可欠。

小林裕紀
明大から加入の新卒ルーキーくん。イケメン。
大学時代は一部で「大学サッカー界の遠藤」などと呼ばれていたらしい。
上田とポジションを争うことになるかと思いきやその上田がいなくなっちゃったので、
実質ゲームメイカーと言える選手はチーム内で彼と船谷だけになってしまった。
船谷がボランチとして計算できない現状を考えると、ポゼッションサッカーやりたかったら
否応無しに彼を起用せざるをえないわけで・・・。
もしかしたら山田くん以上に即戦力としての働きが求められているかもしれぬ。

山本康裕
次世代ジュビロのメインキャストと言われるMF。
「憧れは福西」と公言して背番号まで踏襲したものの、
徐々に福西とは違ったプレースタイルに変化。
そして昨季二列目やサイドといった機動力を求められるポジションに
適性を見出したことでそのズレは決定的となった。
上田の退団でボランチへの再帰が濃厚とのことだが、その辺監督はどう思っているのだろうか。
「公式戦でゴールを決めたらサポーターと遊ぶ」という謎の公約を掲げていたが、
昨季のダービー後何もなかったところを見るとあれは期限切れらしい。

船谷圭佑
初代名波の後継者。世継ぎ争いのライバル上田が退団し、これでその座も安泰と言いたいところだが
いかんせん弱点まで全く同じでしかもそれが顕著なため、いまひとつ周囲を納得させられていない。
去年は時間帯によっては成岡並に消えていた。それでも一応現状では二列目のファーストチョイス。
スペースの使い方はかなり上手いので、それを活かすようなもう一押しがほしい。
髪型をコロコロ変えるのはそろそろやたほうが・・・w

黄誠秀
ふぁんそんす。田中誠と鈴木秀人がイエローカード。
入団早々にして磐田名物・攻撃的な選手のサイドバックコンバートが炸裂してしまった模様。
森野徹と松下幸平が物陰から気の毒な視線を送っているぜ。
サテライト廃止で関東に控え組が来ることがなくなったので、関東サポには未知の領域である。
目指せポストチョンテセ。


FW

ジウシーニョ
ジウソン。ドゥンガ以降盛大に呪われていた背番号8を浄化した。
前十字靭帯と半月板損傷の大怪我から華麗に復活、復帰2分で早速ゴール。
得点後エンブレム叩きながらサポの元に駆け寄ってくる姿は愛らしいことこの上ない。
イグノ・前田とのトライアングルは近年の磐田で最も迫力があっただけに、
指で数えるほどしか実現しなかったのが残念。
復帰後は前田とのコンビネーションが確実に向上。離脱中にイグノの動きを見て学んだらしい。
なんだかんだでイグノの遺産はでかいということだね。
ナビスコ決勝では気合が入りすぎて空回り、試合にフィットせず。
それも含めて大好きなんだけどね。

前田遼一
いわずと知れた磐田の生命線。史上初二年連続得点王。キープの鬼。変態トラップ。
名波に続く「監督の心中相手」。前田がいなくちゃ磐田はサッカーできないッス。
自分が点とってもチームが負けるとムスっとしてる。エゴイズム?なにそれ、食えんの?
一試合でシュートが1、2本に終わることもザラだが、その1、2本で点取っちゃうからすげぇ。
実績の割に知名度が低いのは、物静かで寡黙な性格故。プレーには華があるのになぁ。
アジアカップで名前が売れるかと期待したが、いつものプレーは見せられず。
お坊ちゃんかと思いきや、たまに怒ると手が付けられなくなるらしいので注意。

荒田智之
せんせー、やなぎしたくんがあらたくんをいじめてます。
柳下マジック最大の被害者。水戸の皆様本当にすいませんでした。
請われて磐田に来たはずがカップ戦及びロスタイムに投入される時間稼ぎ要員に。
前期湘南戦でロスタイムに投入されたときは磐田サポ全員 工工エエエエ(´Д`)エエエエ工工
その後数試合に渡り同じ光景が繰り返され、水戸に対する罪悪感が半端ないことに。
天皇杯でしっかりとゴールをマークしたにもかかわらず、リーグ戦ではガン無視され続けた。
この人に関してはもうマジで監督にキレていいと思う。

山崎亮平
ギュンギュン。ドリブルもあだ名もギュンギュン。ぶっちゃけ本名のほうが呼びやす(ry
漫画大好き。寮の部屋は漫画だらけらしい。ん?もう追い出されたのかな?
入団以来骨折やら病気やらで満足にボールを蹴れない日々が続いていたが、
三年目の昨季はナビスコ杯を中心に存在感をアピール。○崎ざまあ。超ざまあ。
一応現状では前田以降のエース候補一番手なので、今の内に盗めるだけ盗んでほしい。

金園英学
大卒新加入。関西NO.1ストライカーと評されていたとのこと。
プレー見たこと無いけど何気に期待は大きい。
ひょうきんなキャラクターと相まって「ゴンさん二世」との声がちらほら聞こえるが、
キャラでゴンさん二世と呼ばれた選手には前にもいてだねぇ・・・犬塚とか犬塚とか犬塚とか。
あ、河村も入団当時は中山の後継者なんて言われてたっけ。
誰のコピーにもならなくていいから、健やかに病気なく育ってほしい今日この頃。


未分類 |comment(2) |trackback(0) |
試合終了
1263111962-201001101712000.jpg
ありがとう、そしてお疲れ様
貴方が僕達に見せてくれた輝かしいプレーの数々を
俺は絶対に忘れない。

最後の言葉も。
未分類 |comment(2) |trackback(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。