スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | comment(0) | trackback(0)|
うほっ!
タンスの整理をしていたらこんなものが出てきました。

P1030976.jpg
ツナギ。
いつだったか誕生日にもらったものです。
正直、使う機会が無い・・・





でもまぁ、せっかくなので・・・





P1030985.jpg
やらないか



















またバカなことをした
今回は大いに反省している
スポンサーサイト
雑記 |comment(6) |trackback(0) |
頑張れ夏目さん
ひだまりスケッチ☆☆☆ 第4話。
俺に「ひだまり見た?」と聞くことほど愚かな質問はない。


今回はAパートとBパート通してのお話。
乃莉ちゃんのカーテンをみんなで買いに行くエピソードです。

オッシマーイミヤタソ
授業が終わって嬉しそうな宮ちゃん。可愛いなぁもう!


前回始動した夏目さんが今回も活躍。
たまたま一人で帰っていた沙英を見つけ、友人達に煽られるままに沙英と並んで帰宅。
別れ際に沙英に「付き合ってくれてありがとう」と言われ・・・
サンクスナツメタソ
「えっ・・・」

ダットナツメタソ
「なっ成り行きなんだからね!」

真っ赤になって走り去る!これぞ夏目さんだ!チクショウ可愛い!
というか夏目さんの沙英好きは友人にもバレテーラのようですな・・・。

しかし沙英は、夏目さんとの絡みなど無かったかのように他の女と買い物へ・・・。
この悪女!夏目さんの気持ちも察しなさい!


一方、ホームセンターでカーテンを物色する下級生一行。

レースカーテンをかぶる宮ちゃん。
クイーソミヤタソ
うっほあぁあっ可愛いいいいいい!
もうこの子は何やっても可愛いなぁ・・・・


カーテソノリスケ
カーテンを見つめる乃莉ちゃん。
ぐぅっ横顔可愛いなぁおい・・・。


そんなこんなの第4話。
話の説明ほとんどしてないけどキニシナーイ!!
知りたい人は見るべし!見るべし!100回見るべし!


今週は、先週完成したOPに続いてEDも完成しました。
今まで以上にステキに見えますね~。
EDノリスケ
あら、この絵けっこう好きだわ。

このカット・・・
EDラスボス
なんか故人かラスボスに見えない?

あ、いやでもみんな可愛いよ!うん!


テンション上がったのでジモッティさん描いてみた。
P1030971.jpg

↓↓↓本物↓↓↓
ジモッティ

・・・なんか違ぇ・・・



まぁなにはともあれ今週も面白かったです!
来週も絶対にひだまってやるさぁ!

ひだまり |comment(4) |trackback(0) |
くだらなさの頂点
皆さんおはー。
今回は皆さんにとあるラノベ御紹介致します。

こちらです。はいドーン。
P1030970.jpg
『僕は友達が少ない』

タイトルから察せる通り、友達が少ない高校生達のお話です。
友達がいない連中が集まり、「友達を作るため」の部活を設立。
様々なことに挑戦し、どうやって友達を作るのかを模索します。


このラノベの最大の特徴。それはとんでもないバカらしさにあります。
とにかくひたすらにバカらしい描写が満載なのです。
それが顕著なヒロイン二人の発言を書き出してみます。

「リア充は氏ね!」
「あたしも友達がほしいのよ!」
「ふん、下品な乳牛のくせに」
「どうして私がこんなのと友達にならなければいけないのだ?」
「あたしこんなのと友達になりたくないんだけど」
「なんか文句あるわけ?」
「ある。出てけ。あ、違った、氏ね」

小学生レベルの悪口。うむ、実にバカらしいですね。
友達作りの方法の一つとして「みんなでゲームをやろう」ということになるのですが、
協力ゲームで同士討ちをしたり、ギャルゲのヒロインを「ビ××」呼ばわりしたり。
というか開始10Pでヒロイン2人が揃ってゲロ吐くとか何事よ!?
ヒロインの片割れはやたらと「レ××」言いまくるし。
もう本当に残念な展開ばかりなわけですよ。

高尚な気配が微塵もしない、世間的には「くだらない」と評される部類。
しかし悲しいかな、俺はそういうバカらしいものが大好きです。
小学生レベル大いに結構。むしろ推奨!

そんなわけでこのラノベ、俺にとってはどストライクでした。
本当にゲラゲラ笑いながら読みました。
漫画でもあそこまでバカ笑いするのは稀。とにかくめっちょ笑いました。


最高なのがこの発言。主人公の小鷹(こだか)がストーカー被害をヒロインに打ち明けたところ、

「あひゃひゃひゃ、バッカじゃないの!?小鷹それ本気で言ってんの!?
あひゃひゃはは!あ、あんたみたいなヘタレヤンキーをつけ回すストーカーが
この世にいるわけないじゃない!つーか小鷹わかってる?
ストーカーの動機の9割は恋愛感情のもつれなのよ!?もつれましたかー!?
この学校に来てから恋愛がらみでもつれましたかー!?
そもそもそういう桃色エピソードが一つでもありましたかバァァァァカ!」

どうですか?実に素晴らしいでしょう。
高笑いをしながら主人公を罵倒することで始まったこの台詞、
「もつれましたかー!?」を2度重ねて言うことで嘲笑をより強調し、
さらに最後に「バァァァァカ!」をつけることでダメ押し。

この作品の美学が、ここに詰まっています。
この台詞は長らく俺の記憶に刻み付けられることになるでしょう。

こんなのでゲラゲラ笑ってしまう自分は、本当にくだらない奴なんだと思います。
でも別にいいじゃない、笑いの琴線くらい人それぞれで!
高尚な笑いを好む奴のが偉いなんて、俺は認めませんからね!


そんな感じで作品紹介を終わります。
ものすご~~~~く人を選ぶ作品なので、読んでみて「なんだよツマンネーヨ!」と
思われる方がいらっしゃることも重々承知しています。
ただ、その上で皆様にこのラノベをお勧めしたいです。
非常にスピード感のある作品なのでスラスラと読めるでしょうし、疲れた心を癒すのにうってつけ。
読後感の全くないクリアな感覚を楽しめるでしょう。

そしてゲラゲラ笑ってしまった方は、恐らく俺に近い感性を持ったくだらない人だと思います。
もしそんなくだらない人がいらっしゃいましたら、ぜひ俺と友達になりましょう。

雑記 |comment(0) |trackback(0) |
真剣至誠
さっきyoutubeの動画漁ってたら、こんな動画を見つけました。



ローカル局がとある剣道道場を取材した映像です。
何が驚きかって、この道場、俺が小学校入学から中学卒業までの9年間通い続けた道場なんですよ。
動画を見つけた瞬間、懐かしさのあまり「うわぁ・・・」ってため息が出ました。
自分が子供の頃に流した汗を最も多く吸っているのは、間違いなくこの場所。
同時に、自分が形になる「結果」を最も多く残せた場所でもあります。

正直今は剣道嫌いなんですが、それでもこの道場にはいい思い出が沢山。
思い出は~ いーつーも 綺麗だーけどー(ry

俺がいた頃と何も変わらない光景です。
冬になるとカチコチになって、まるでスケートリンクみたいに滑る床。
保存状態が悪く、大掃除の時に竹刀で叩くと猛烈な埃を撒き散らす畳。
インタビュー受けてる林先生、この人にフルボッコにされたわぁ。
握りが甘くなると、竹刀ぶっ飛ばされて打ち込まれてすげーイテーし。
あんな巨体に体当たりされたら、持ちこたえられるわけねーじゃん!


しかし、変わらないものはそれだけではありません。
やる気に満ちた剣士たちが道場を熱気で満たす光景は、俺達の頃と全く同じです。

ただ当時と違うのは稽古に参加している人数。
大所帯になったとは聞いていましたが、まさかこれほどとは思いませんでした。
横幅一杯に広がって素振りをしている光景など、俺がいた当時では考えられません。
稽古の参加者は多くて6人てところ。大会に参加するギリギリの人数だった時もありました。
中学に上がったら道場に来るのは3人だけ、なんてことも多々・・・。
その分道場が広く使えるから余計に振り回されてフルボッコにされていたわけですがw

大会なんかでもかなり結果を残しているらしく、すでに県下有数の道場になっているそうです。
こちらが市内の大会で優勝した時の動画・・・だと思われます。揃いの手ぬぐいカッコイイ!

優勝って・・・俺らがいた時はベスト8でいいところだったというのに・・・。
平出くんと平井さんは全国大会か・・・すげぇなぁ。
あの道場からそんな選手が輩出されるようになったのかぁ。
でもかつてお世話になった道場がさらに活気付くというのは、
既に引退した身からしても嬉しいものですね。

あ、これ市スポかー。そういえば俺のデビュー戦もこの大会だったなー。
小学3年生当時、何故かデビュー戦で大将に。回ってくるまでに勝負をつけておくはずが、
2勝2敗できて勝敗は俺次第。しかも運悪いことに相手はドでかい6年生・・・。
今では覚えていませんが、瞬殺されて「チクショー」て泣いてたらしいです。
バカじゃん、勝てるわけねーっつーのw


当時は嫌で嫌でたまりませんでした。
小学校の友達が皆TV見てる時間帯に道場行ってシゴかれて、
たまに週末に大会があるから友達の誕生会とか行けなかったりして、
試合に負ければ姉に「プッ弱w」とかバカにされて。

でも今思い返すと、家の中にいたのではできない経験を随分とたくさん
させてもらったように思います。
大会で入賞したりした時は、本当に嬉しかったですしね。

その後高校の3年間を経て憎しみの果てに引退するわけですが、
それはまた別のお話。


既に道場の中でも、俺が在籍していた当時を知る人は少なくなっています。
ずっとお世話になった年配の先生は移籍して他の道場で指導をしており、
もう一人の若い恩師も動画の中に登場していないところから察するに
本職である高校での指導に重点を置いているのではないかと。

ただそれでも、心の端で常に彼らを応援する気持ちを持っていたいですね。
例え彼らに認知されない、道場から遠く離れた場所に住むヘタレって立場でもいいから。
サッカー |comment(2) |trackback(0) |
炒飯作ったよ
誰でもできちゃう簡単夕食レシピを御紹介します。


今回用意したのはこちら
P1030961.jpg
ナムルでございます。濃厚な味わいが食欲をそそる一品です。
ちなみにこれは先日の名波引退試合に際して遠鉄百貨店の地下で買ってきた物。


これをフライパンでグァッと炒めて・・・
P1030963.jpg


ご飯を投入
P1030965.jpg

そしてよく混ぜ合わせるようにして炒めれば・・・

完成!
P1030966.jpg
ビビンバ風炒飯!

絶妙な辛味が濃厚な味を演出し、食の時間をより優雅にしてくれること間違いなしの炒飯です。
皆様も是非挑戦してみてください。
メシウマ |comment(2) |trackback(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。