スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | comment(0) | trackback(0)|
最後の日
ハイ皆さん、こんにちわ。
春を感じるこの季節、いかがお過ごしでしょうか。


今日で3月も終わりですねー。明日から4月です。

それすなわち、自由気ままな生活も今日までということ。

明日の朝、入社式です。ワタクシ夜磐は社会の荒波に飛び込みます。
怖さ半分喜び半分、とよく表現されますが、そんなことはありません。
怖さ100%です。なんとかしなきゃいけねー、と。


思えば堕落に堕落に堕落し続けた大学4年間でした。
体育会にもサークルにも所属せず、かといって学業で優秀な成績を挙げたわけでもない。
怠惰に学校のカリキュラムを消化し、それ以外の時間は好きなことだけしてました。
バイトして遊んでネットサーフィンしてサッカー見に行って。
一般的に言われる「クソ大学生」の典型のような男でした。
高校時代の毎日の方がよっぽど苦しかったですね。

だから、明日から始まる毎日は自分にとって非常に苦痛になることは間違いありません。
もはや今の自分には、規則正しい生活を維持することすら困難なのですから。

ですが、しかし・・・考えてみれば、ここまでの生活の方がちょっとおかしいんですよね。
普通に人間の営みとして、朝ちゃんと起きてやることやって夜は寝る。
こんなの、当たり前のことです。
だからそれが苦痛だとか言ってはいけないんですよ、人間として。
だから今の自分は「苦痛な状況に変わる」というよりは、
「堕落状態が元に戻る」という感覚です。

もう気を抜いてていい時間は終わりました。
今日からは「生きるため」に、気を張っていこうと思います。




で、「最後のバケーション」とも言える今日ですが、
ナビスコカップ開幕戦「浦和vs磐田」を見に行ってきます。
入社前日までサッカー観戦かよ、とツッコミが飛んできそうですが、
これもある意味自分らしいかな、と思います。
なんだかんだでこの4年間で一番熱くなったのは、磐田に関してですから。

頼むジュビロ、新たな船出をする俺の背中を勝利で押してくれ。
俺も、ジュビロの背中を精一杯押すから。



君たちは、強い

スポンサーサイト
雑記 |comment(0) |trackback(0) |
誰もイナーイ
アレでナニな京都戦の翌日・・・

夜磐は味の素スタジアムに来ていた。

P1040259.jpg

J2 第4節 柏レイソル vs 東京ヴェルディ1969
前日に思い立って急遽観戦してきました。

ヴェルディの惨状は去年から
ヴェ
↑ この男 ↑

より散々聞いていたので、「今年はどうなの?」と聞いたら・・・

「ビックリするぜ、ヘボすぎて。イッヒッヒw」

お互い苦労しますなぁ。



16:00キックオフ。
この日は川崎サポさんと肩を並べての観戦となりました。
なんか怪我人多いとか仰ってましたが、勝ててるだけいいじゃまいか。
こっちとしてはマリノス戦のアレを煽るくらいしかできなかったというのにw


試合は拮抗状態。
ひどい有様と聞いていたのでフルボッコなのかなと思っていましたが、
存外普通にやれていましたよ、ヴェルディ。
前半に河野がピッチ半分1人で持っていった時には
川崎サポさんと声を合わせて「はええ~っ!」と絶叫しました。
クロスバー直撃のFKもありましたし。
柏は少々調子が悪いらしく、パスミス多め。
それでもヴェルディが守備をちょこちょこミスるのでたまにチャンスが生まれます。
淡々とした展開の中、前半が終了。
申し訳ないながら、前半はあまり覚えていません・・・。

後半は立ち上がりにヴェルディが流れを掴みます。
ペナ外から打ったシュートがクロスバーを直撃、縦バウンド!
直後にはCKから平本がシュートを放ちます。
しかし枠を捉えられず・・・
川崎サポ「せめて枠内入れようぜ・・・」
ここから一気にヴェルディペースになるのかな、
と思ったらヴェルディがミス連打でどんどん柏の流れに。
こういうのって凄くもったいないですな。

P1040262.jpg


後半に入り、ヴェルディに関して少し気になることが出てきました。
攻撃の最中、ヴェルディの選手が誰一人ゴール前にいない・・・
大げさな表現じゃなくて、マジで1人もいないんです。
敵陣に大きな「U」の字を描くように、ヴェルディの選手がピッチを走ってるんですよ。

でも何故かチームが自信満々な顔でそれをやっていたので
「ああ、サッカーってこういうのもあるんだな」
「狙いを持ってわざとやってるんだろう」
と思っていたら・・・
試合後、わざとではないことが判明しました。
ソースはニコ生の冨樫。皆ボール触りたくてサイドに流れちゃったりしてるらしいです。
それにしたってあれはないだろ・・・
それなりに観戦経験のある夜磐ですが、あんな光景は初めてでした。


試合はそろそろ後半30分というところ。
「もうこうなったらどっちでもいいから点入ってほしいですね~」とか話していたら、
途中交代で入った柏の林のパスからドミンゲスが決めて柏が先制。
いい時間帯で先制ゴールをマークします。
この一点でプッツンしたヴェルディ、サンドバック状態と化しました。

3分後の31分には柏の右サイドからのクロスを富沢が真上にクリアー、
ポジションに入るのが遅れた土肥より先に落下点に入った林が頭で決め追加点。

これで2-0、完全に勝負ありでした。
後はgdgdと試合が進行し、終わりました。


ヴェルディはちょっと深刻ですね。
前半はよかったですが、後半は瀕死。どうにかしましょう。

柏も勝ったとはいえ、万全とはいえませんでした。
やってるサッカーはなんとなくJ1意識してんのかな、と感じました。


そんな感じの観戦レポ。
いろいろ楽しいことはあったのですが、ちょっと疲れてしまったのでここまでです。
ありがとうございました。

試合の感想 |comment(0) |trackback(0) |
かませ犬
磐田 2-3 京都


キモーイ




ちょっと聞きました~奥さん!
磐田ったら最下位らしいですわよ!!



ゴールど正面のミドルシュートが入っちゃったり
監督の選手交代がことごとく裏目に出たり
ホームでロスタイムに逆転決勝ゴール決められたり
それがあざ笑うようなループシュートだったり

ホントこのチームはサポの嫌がることをピンポイントでやってきますね(笑)



恵比寿のスポーツバーで観戦していた夜磐。

隣で見ていた二人組みが
駒野のFKに爆笑していたり
磐田の弱点をことごとく見抜いていたり
「磐田は北九州より弱いな」とか言ってたり

したので夜磐のLPは0になりました。

サッカー |comment(0) |trackback(0) |
無回答
先週の話ですが、『東のエデン 劇場版II Paradise Lost』を見てきました。
334512view002.jpg
昨年のTVシリーズ、1月にやった劇場版前編から続く一連の世界観が
一応の結末を見るということで大いに期待していたのですが・・・


うーん、ちょっと肩透かしな感じ・・・

↓ 以下ネタバレあるかもです ↓





今回の話で焦点が当てられたのは、主人公である滝沢朗の出生。
セレソンゲームにおいてこれが重要な事象であることは事実なのですが、
それが作品全体のテーマであるとは自分は思いませんでした。

なので滝沢の”過去探し”に終始してしまった今回の映画は、
様々な伏線や要素を張り巡らせた作品の結末としてはちょっと物足りません。

自分がこの物語で面白いと思った部分というのは、
ニートという現代社会の問題部分が既得権益を破壊するという下克上的な快感、
ゲームを巡るセレソン達の浅はかでありつつも明確な意思を持った計略、
そして「日本を救う」という抽象的な目標の「救う」が何を指し
それがいかにして達成されるかという現実性の高い課題。

見る者に快感と謎解きを与え、そして問題提起をする。
それが、自分が「東のエデン」に見出した魅力でした。
劇場版前編で争点になった「この国の王」が何を以ってして王なのか、
というのも気になっていたのですが・・・

なんというか、結局どれも中途半端でした。
残ったのか消えたのか結局結論の出ない既得権益。
敗者不在の”スコアレスドロー”とでも表現したくなるゲームの結末。
議論の余地もなく定義されていた「この国の王」。

いわゆる「俺たちの戦いはこれからだ!」的な終わり方でした。
なんというか、明確な決着の形が欲しかったです。
「日本はもう救えない」としてくれても別によかったんですけどね・・・。
正しいか正しくないか、というのは関係なくて、
監督が一人の人間としてどう考えているのかという回答が見たかったんです。
その点でちょっと肩透かしを食らった気分になりました。



それでも、全体を見ずに細かい点を見れば面白いところも多かったですね。
事務的でありながらも次々と回収されていく伏線や
滝沢の相変わらずの思い切った行動、物部さんの末路。
「これが見たい」というものを持ち込まず、
目の前の作品を楽しむ気分でいけば、間違いなく楽しめると思います。
監督なりに伝えたいことというのは感じますしね。


凄い低い評価をする人の気持ちはわかります。
ただちょっと不満な点があったとしても、目をつぶって楽しんじゃうのが一番じゃないかな?
せっかくお金払って見るんだし、ムッツリしながら見ても楽しくないし!
いいとこ見つけいいとこ見つけ!



そんな感じのレビューです。
興味のある方はぜひともTVシリーズから見てみてください。

雑記 |comment(0) |trackback(0) |
オウフッ
某所より 今年の磐田のここまでの戦績。

02/14 vs神戸 ●1-3(3-5)←練習試合
02/18 vs浦和 ●1-2(1-2)←練習試合
02/21 vs新潟 ●0-1(1-2)←練習試合
02/27 vs甲府 ●1-2(3-4)←練習試合(J2)
03/06 vs仙台 ●0-1
03/13 vs新潟 ▲1-1
03/20 vs鯱八 ●0-2


マケボノ
↑ 俺ら


10カウントの終わりは近づいてまっせ、ジュビロさんよ

サッカー |comment(0) |trackback(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。