スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | comment(0) | trackback(0)|
ジュビロアウォーズ
皆さんこんばんわ。
2010年も残りわずか、年の瀬いかがお過ごしでしょうか?

例によって今月ほとんど更新がなくても生きていた夜磐です。

去年の今頃は狂ったようにブログを更新していたなぁと感慨に浸りながら
キーボードを叩いているわけですが、まぁ夜磐は元気です。


さて、今年も終わりということで、
2010年夜磐的ジュビロ内表彰をやっていきます。

なお、ここに記載するのは夜磐のごく私的かつ偏重的な印象ですので、
ふざけたこともほざいておりますが笑って流していただけたら幸いですw

あと選定に関しては夜磐が見に行った試合の中から行っておりますので
御了承ください。



MVP:前田遼一

異論は認めない。
つーかここ4年くらいはずっと前田なんですけどねw

・ナビスコカップMVP
・Jリーグ通算100ゴール達成
・史上初2年連続リーグ得点王

チームの順位が低いことを除けば、これほど完璧なシーズンも無いでしょう。
名実共に磐田のレジェンドになりましたね、こりゃ。
中山・高原時代と違い、チーム全体からの攻撃支援が脆弱であることを思えば
なんかもう彼ら二人よりも秀でている部分があるといってもいいんじゃないでしょうか?

夏場に珍しく調子を落とす時期はあったものの、終わってみれば前田は前田。
嵐の川崎戦で一人だけボールを自在に操る彼の姿を見て、
「あぁなんかド変態がいるわ・・・」と味方ながら溜息が出ました。

素晴らしい活躍でした。



ベストゲーム賞:名波引退試合

公式戦じゃねえのかよ!!!
というツッコミ覚悟の選定。だってすっげぇ面白かったんだもん・・・w
公式戦の方がイマイチ印象に欠ける試合が多くて、この選定となりました。
ナビスコカップの準決勝2ndレグや決勝あたりは遜色なく面白かったですが、
一番感情が激しく振れたのがこの試合だったので・・・。

試合内容をはじめ、試合前後のイベントもすげー楽しかったです。

次点でナビスコカップ準決勝2ndレグ、
リーグ戦に限れば前期ガンバ戦@ヤマハです。



ワーストゲーム賞:前期湘南戦@平塚

こんなのが自国のプロ・リーグなんて認めたくない。
そう思った試合でした。本当に、本当につまらなかった。
パスつながんないしボカスカ攻められるし、チャンスなどほぼ皆無。
今季唯一見に行ったことを後悔した試合です。

ちなみに、リーグ戦ベストゲームに挙げたガンバ戦の翌週ですw

次点で後期大宮戦@NACK5。
TV観戦も含めたらダントツで前期C大阪戦@ヤマハですけどね。



ベストゴール賞:前期浦和戦の西@埼玉

今季は個人的に印象に残るようなスーパーゴールが少なくて、
これに関しては悪い意味で非常に頭を悩ませたのですが、
一番驚いたという点で見ればこれ以外にはないので選びました。

この試合、西が前半からダメダメで、ドリブルしてはとられるわ
GKと一対一のチャンスで枠外すわで、「代えちゃえよ!」などと
のたまっていたのですが、後半まさかの神ミドル。
相変わらず西はよくわからん、と思った得点劇でした。



ワースト失点賞:前期ガンバ戦の3点目

失点どうこうというより、あのシチュエーションで失点するのがまずい。
同点に追いつかれた直後に勝ち越しゴールを決め、「さぁまた頑張るぞ!」となった
矢先に一発のパスでぶち抜かれ失点・・・。
攻撃の選手らは「いい加減にしろよ・・・」と思ったことでしょう。

ああいうところでサクッと失点する辺りが、昨年の悪い癖をまだ引きずっていました。
後期は何故か突然勝負強くなったので、こういうのは減りましたが・・・。



ブレイク賞:古賀正紘

個人的には去年のイグノに匹敵する救世主だと思う。
セットプレーからアホみたいに失点していた磐田に、安定と勝負強さをもたらした。
能活の復帰と合わせて、後期失点数がガクンと減った要因の一つ。
ナビスコカップ決勝の試合後、同じく柏からレンタルできていた菅沼と
カップ片手にガッチリと手を組んだ光景は見ている者の胸を熱くさせた。

今オフ、Jリーグ全体でベテランの解雇が目立つが、
彼を見ているとベテランの味というのは馬鹿にしていいものではないと実感させられる。



もっと頑張れよ賞:大井健太郎

またしてもレギュラー定着できず。何度目だアンタ・・・。
怪我人が続出する最終ラインにおいて何度も出番が回ってきて、
「いい加減ここで頑張ってレギュラー奪ってくれ!」という磐田サポの願い虚しく、
失点は嵩み人数が揃うとベンチに逆戻り。
古賀が加入するなりあっという間に先発を譲ったのを見て頭を垂れた
磐田サポの数は決して少なくないと思われる。
まぁ古賀が良すぎたってのもあるけど・・・。

来年以降もずっとこんな状態が続いていくのか・・・とサポを閉口させていたところ、
なんと湘南に移籍が決定!おおーい・・・

なんかいろいろ残念になってしまった。







以上です。印象的な出来事が前期に集中してるよう泣きもしますが、
まぁその辺はそういうシーズンだったということでw

スポンサーサイト
サッカー |comment(0) |trackback(0) |
2010 総括
いや~2010年のJリーグ、終わっちゃいましたね~


・・・今更ァ!?


てなわけで皆様ちゃーっす。
2週間更新がなくても生きていた夜磐です。


開幕前はドキワクというよりガクブルだった2010年シーズンが終了。
我らがジュビロは11位という、前年と同じ順位に終わりました。
J1残留が果たせて何よりです。リメンバー2008。
今季の目標である5位以内には全くカスりもしませんでしたけど。

来年は3ヵ年計画の最終年であり、予定ではリーグ優勝とのことですが
その点チームの首脳陣の方々はいかがお考えなのでしょうか。

別にこちらとしては最初からアレでナニなので
大々的に下方修正していただいても全然かまわないのですけどね。
来季の目標?J1残留以外にあるものか。


今シーズンの総括を簡単に語ると、勝負どころでの粘りは発揮したものの
特定の相手に対する苦手意識を必要以上に露呈したなぁと思っています。

勝利の大半が僅差での粘り勝ち。
内容が悪いことを嘆く部分もあるのですが、内容が悪い中で少しずつ勝点を
積み上げていけたのは、磐田らしくない好材料だと思います。
「勝てたのに落とした」試合なんて、前期のダービーくらいですし。

あとはあれですね、今季は敗北する試合の負け方が凄まじかった。
東北2チームとのアウェーゲーム、前期神戸戦。
負ける時はとにかくボロックソに負けました。


あれね、前期のC大阪戦。後期っつーか最終節もボロクソでしたが、あれは見てないので。
8月のあの試合を見た時は、本当に二度と磐田の試合は見ないと思いましたよ。
クソゲーの中のクソゲー。クソゲーオブザセンチュリー。
去年のダービー大敗時よりもきつかったです。あの後、一時的に応援放棄しましたから。
別に応援してる理由とか、見返りを求めるとかそういうのじゃなくて、
ただあんな悲しくなるようなサッカーをするチームなど見たくないし、
まして応援など論外だと思ったわけで・・・。

応援放棄の影響で、古賀が入ったことを大宮戦@NACK5の選手紹介で知りました。
それでも「え、ああ来たんだ。ふーん」って感じでしたけど。

ああいう試合はもう二度と絶対にしないで欲しいです。


以上、簡単な総括ですた。
ナビスコ優勝に関してはいつまでも余韻に浸ってるみたいでダセーので割愛。
や、まぁ嬉しかったんだけどね。

Jリーグサポの皆様、今年一年お疲れ様でした~。
天皇杯?シラネwww点No杯なら磐田も出たけどなwwww

サッカー |comment(0) |trackback(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。