スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | comment(0) | trackback(0)|
2011 秋のススメ
こんばんわーっす。

今日は久しぶりにアニメの記事を投稿しますね!


秋アニメが始まってから一ヶ月ちょっと経ちまして、
継続的に見ている作品も絞られてきました。

そんなわけで、今季のオススメ作品を軽く御紹介します!

現在、夜磐が毎週チェックしている作品は以下の3つです。





その1.「WORKING´!!
working!!.jpg

夜磐のお気に入り作品の一つ。
1期放送から1年3ヶ月という、かなり長いスパンを空けての続編ですが、
以前の勢いそのままに今期もテンポのいいコメディを披露してくれています。


ニキー
相変わらず作画は非常に安定してます。
そして種島先輩可愛い。


新キャラ登場にラブコメ進展と、1期以上に様々な要素が入ることとなる2期ですが、
現在は少しずつ伏線を張りながらも1話30分を破綻させることなく進んでいます。
このあたり、監督や脚本の方が上手くストーリーを選んで切っているのでしょう。

1期の監督が他作品への参加のため続投されないとあって少しばかりの不安感がありましたが、
ここまでの展開は文句なしの100点を献上差し上げたいところですね!

とても面白いです!






その2.「僕は友達が少ない

haganai.jpg


「ゼロの使い魔」をきっかけに様々な作品をアニメ化して世に送り出し、
昨季冬の「IS(インフィニットストラトス)」で予想を大幅に上回る大ヒットを飛ばした
ライトノベルレーベル"MF文庫J"が、満を持して送り出した秘蔵っ子にして今期の覇権候補。

圧倒的人気を誇る原作の流れそのままに、こちらも好調を維持しています。

E99AA3E4BABAE983A814-39223.jpg

原作がずっと好きだった(リアル"有名になる前から知ってました"状態)なので
今回もかなり期待していたのですが、完全に原作に忠実に進行しているので、
今のところ目新しさはないですね。
まぁ序盤は原作通りにやれば失敗はないと思いますけどw

作画に関しては・・・むーん。
嫌いではないですが、キャラデザの段階で少しばかり好みからは外れました。
原作挿絵イラストの担当で同じブリキさんを擁する電波女と青春男
作画がかなり再現度が高く好みだったので、てっきりはがないもシャフトさんかなと
思っていたのですが、制作会社が違うこともあって違う方向いきましたね・・・。

ここからに期待!!




その3.「ペルソナ4

persona.jpg

知り合いから勧められて見始めたのですが、非常に面白いです。
ゲーム原作とのことですが、ゲームに指一本触れたことがない自分でも
かなり楽しめています。

ホラーが苦手な自分には少々ビクッとする部分もあるのですが、
それでも続きが気になってついつい見てしまいますね。

自分の好み上、どうしても日常系に傾倒しがちなので、
ここらへんでこういう刺激はちょっと快感よ。

胸を張ってオススメできます!




とまぁ、こんな具合ですね。
いろいろと忙しいこともあって、1クールの並行視聴は3本が限界かなと思います。
他にもイカ娘とか見たいものはありますが、個人的に不作なクールで
拝見させてもらおうと思います。



みんなもエンジョイハッピーアニメーションライフ!!

スポンサーサイト
雑記 |comment(0) |trackback(0) |
目標達成!!
仕事がデスマ中でしたが、上司に頼み込んで観戦して来ました。


浦和レッズ 0-3 ジュビロ磐田


日程の関係上、今季のジュビロ戦観戦はこれが最後になりましたが、
最後の最後で今季一番の快勝を見せてくれました。
内容的にここまで圧倒した試合は、しばらく記憶に見当たらないですね。


ダイジェスト




ナビスコカップ決勝で120分を戦った疲れが癒えず、
さらに鈴木啓太と山田直輝という中盤の要となる選手2人を欠いた浦和。
主力選手が復帰し、前回の試合からしっかりと休養をとれた磐田。
そうした影響がモロに出たな、というのが正直な感想です。

ナビスコカップ決勝では延長まで精密なブロックを形成し
鹿島の攻撃を最小失点に抑えきった浦和の守備が、この日は見る影もありませんでした。
残留争い真っ只中の浦和ですが、この内容だと残り3試合かなり苦しくなりそうですね。


あとまぁ、珍しく監督の采配で勝った部分もあるかな・・・とは思いますね。
試合後のインタビュー曰く「浦和は押し込むと最終ラインの手前にスペースができる」と。
そこを狙ってロングパスなりショートパスなりを蹴りこんで、
ゴールに近い位置で攻撃のタメ所を作ろうとした模様ですが、これが超ハマってました。
この試合では2トップの山崎と前田が頻繁にポジションを下に降ろし、
ロングパスを裁いたりとかターンして前向いたりといったプレーをしていて、
いつもよりかなり自由にボールに触れている印象がありましたが、
これは監督の読み通りだったということですね。

前半から「浦和は守備が緩いなぁ」と思っていたのですが、
単純に戦術面で捕まえられない状態になってしまっていたようです。

攻撃面に関しては、加賀がエスクデロにベッタリついて、タメを作らせないようにしていました。
加賀さんかなり調子が良いようで、エスクデロにほぼ何もさせませんでしたね・・・。
たまにボールキープされたら、加賀がついている間に藤田やらソウトやらが寄って来て
数的優位でボールを奪うなど、徹底して試合に参加させていませんでした。
まぁナビスコと今日の試合を見た感じだと、エスクデロを封じられないとその時点で
ボコスカにやられてしまいそうなので、最低限の仕事ではあるのですが、
それにしてもJ1最弱と名高い磐田の守備陣にしては高精度なお仕事でした。


この勝利で磐田は今季のJ1残留が決定。
よっしゃあ!目標達成!!
今年俺が一番ほしかったのは、これなんだよ。


まぁまだリーグ戦残り3試合あるので、少しでも上にいってほしいですし、
あとは天皇杯もあるのでこっちも頑張ってほしいですね。


なにはともあれ、選手の皆様お疲れ様でした。

ラス2試合は柏の試合に行きます。

試合の感想 |comment(0) |trackback(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。