スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | comment(0) | trackback(0)|
勝てば官軍
磐田、敵地大阪にて手負いの強豪に挑む。
ちなみに夜磐は、ガンバサポで溢れるフットニック大崎でガンバサポさんと談笑しながら
試合を見ていました(笑)


G大阪 1-2 磐田


シュート11本を撃ち込まれながら失点を1に抑え、
5本のシュートで2点を奪い勝利。
実力面で見れば明らかにG大阪の方が上回っていましたが、
必ずしも強い方が勝つ、というわけではないのがサッカーの
難しいところであり、また面白いところ。
今日の結果に関しては、磐田がサッカーという競技の恩恵を受けましたね。





森下監督体制下の磐田を見るのは初めてでしたが、
監督から選手への戦術の意志疎通が、想像していたよりも徹底されている
印象を受けました。少なくとも守備に関して、やり方を理解していない
選手はチーム内に一人もいなかったのではないかと思います。

磐田が採用した守備方式は、典型的な人海戦術。
自陣を自軍の選手で埋めてパスコースを消して相手のパスミスを誘発、
奪ったら前田に当てて2列目の選手が拾って仕掛ける形です。
ボールを奪われたら近くにいる選手がディレイに入って時間を作り、
その間に前線にいた選手が素早く帰陣。そして一番最初に戻る、その繰り返しでした。
プレスはあまりかけていませんでしたが、その割に最終ラインが高く、
積極的にオフサイドを取りに行っていました。
全体がかなりコンパクトな状態になっていたと推測されます。

一方ガンバは、ロングボールを避け、中盤で鋭くパスを交換しながら
磐田の守備陣の穴を探し、隙あらば前線に通してくるサッカーを展開。
公式戦4連敗という強豪チームにとっては深刻な状況の中で、
どんなスタイルを採用するのか非常に興味がありましたが、
昨年まで得意としていたショートパスにより相手をかく乱する
やり方で試合に臨んできました。

試合は立ち上がりから一方的なガンバペースで進行。
攻撃から入るガンバ、守備から入る磐田、その形がそのまま出ました。
サイドからの崩しや、意表を突いた中央突破でガンバがゴールに肉薄。
磐田は八田の好守やガンバのシュートミスに助けられ、攻められながらも
失点だけは回避します。しかしながら攻撃は完全に沈黙。
磐田は守備から攻撃に切り替える際のボールタッチやパスの精度が悪く、
アタッキングサードに侵入することすらままなりません。

これは攻撃どころではないので、とにかく前半を無失点で終わることを
念頭に置いた方がいいなと思っていた23分、突然試合が動きます。
サイドでボールを持った実が、猛然と前線に走り込んだ山本康裕に浮き球スルーパス、
GKと1対1になった山本が冷静に股間を抜いてゴールを決めました。
この試合初のチャンス、初のシュートで先制。守備に徹し、攻撃の機会が全くなかった
磐田にとっては願ってもない得点です。

その後も主導権はガンバが握っていましたが、ガンバに焦りが出たのか、
磐田は徐々に高い位置でボールを奪えるようになってきました。
自陣に押し込まれながらも、意図したことは実践できている磐田。
隣で試合を見ていたガンバサポさんも「これは磐田の展開だなぁ」と口走っていましたが、
しかし、その状況からプラスαの要素を生み出すには、磐田はまだ力が足りませんでした。
相変わらず切り替えの精度が悪く、チャンスになりそうな場面で
ミスからあっさりとボールを失ってしまう場面が多発。
この日は試合前に降った雨の影響からか、ピッチが非常にスリッピーだったようで、

結局前半は、シュートを2本しか打つことができませんでした。

一方、ガンバも圧倒的に押し気味な試合を展開しながら前半無得点。
中には「これが入らないのか」と嘆息するような場面もあり、
こちらも順調とはいきません。
互いに不完全燃焼を抱えたまま、後半のキックオフを迎えます。


120325_07.jpg
ミノルかっけぇ。マジかっけぇ。


磐田は前半同様、自陣で相手を迎え撃ってカウンター貫徹。
ガンバも前半と特にやり方を変えず、前半の流れそのままの展開で後半が幕を開けました。
磐田が相変わらずブロックをガッチリ構築しているので、
ガンバとしてはその組織体系を崩すために、パスだけではなくもう一工夫欲しいところ。
例えば、前線の選手が中盤に降りてパスの受け所を増やしたりとか、
マークを引き付けてスペースを作るとか、磐田のブロックにイレギュラーな状況を発生
させるための動作はいくつかありますが、あまりそういう動きは見られず。
磐田のブロックの後方で数少ない出しどころを伺い、縦に蹴ってクリアされるという
展開が続いていました。そんな中でも時折チャンスを作ってしまうあたり、
ガンバというチームの個人技は恐ろしいと言う他ありませんが、
さすがに磐田とて設計通りの守備を構築している中でそう簡単に点を取られたら笑えません。
これまたガンバのミスに助けられ、立ち上がりを無失点で切り抜けました。
結局幸運かよ、とツッコミが入りそうですが、ぶっちゃけ自分は守備の設計もできていないと
失礼ながらに予想していたので、やり方が浸透しているだけで予想以上です(笑)

さて、前半のリプレイのような15分ほど過ぎたころ、また試合が動きます。
サイドでボールを持った松浦が、ガンバのラインの裏に走り込んだ前田に浮き球の
スルーパスを通し、受けた前田が藤ヶ谷に倒されてPKを獲得。本当に前半のリプレイ!
よく見ると藤ヶ谷は前田に触れておらず、ガンバの選手たちは激怒して審判に詰め寄って
いましたが、残念ながら前田の演技が上手かったです。
このPKを前田が冷静に藤ヶ谷の逆をついて決め、差を2点に広げます。
この時点でシュート3本。なんて効率的な・・・。
まぁ過去にはシュート1本で勝ったこともあるチームですし(笑)

残り30分で2点差をつけられたガンバ。
前田のPKの直後にイ・スンヨルに代えて佐々木を、26分には二川に代えて倉田を
投入してきます。パサーの二川がいなくなったことで、ロングパスによるパワープレーに
くるかと思いきや、残り時間が15分を切った段階でも依然としてショートパスにより丁寧に
組み立ててきます。この辺りのこだわりは、昔のジュビロの通じるものがありますね。
一方の磐田、逃げ切りを意識する点差と時間ですが、意外ややり方を変えません。
ラインは依然として高いままで、前線の選手はプレスとはいかないまでも
早いチェックで最終ラインからのパスコースを限定しにかかります。
この時分にいきなりセンターライン付近でオフサイドトラップをかけた時は
驚きの余り勇敢なのか無謀なのか判断がつかなかったですが、
少なくとも気を抜いての失点は感じさせないくらい集中していました。

ところが39分、ガンバ意地の一発。倉田のヘッドがポストに当たって逆サイドの
ネットにストン。残念ながら八田はノーチャンス。倉田が上手かったです。
磐田としては、狙い通りの展開の中で失点を許してしまった形となり、
ガンバのイケイケムードもあって、残り10分を残して苦しい展開となってしまいます。
さすがにこの時間にもなるとさすがのガンバも中盤を省略したパワープレーを採用し、
これまたさすがにラインを下げた磐田の守備に襲い掛かってきました。

セットプレーやクロスでかなり際どい場面を作られました。
44分のパウリーニョのヘッドには心臓が止まるかと思いました・・・
ちなみにこのシーンでは、自分の周りのガンバサポさんが全員仰け反ってましたw
3分のロスタイムをなんとか凌ぎ切り、リードを保ったまま試合終了。
敵地で貴重な貴重な勝点3を手に入れました。


120325_33.jpg
ヤッター!!


11-5 というシュート数が表している通り、内容では完全にガンバのものでした。
しかしそんな中でもひたすらに耐え、勝利まで奪い取ってしまった磐田の勝負強さには驚嘆。
ボールを奪った後の展開には課題が見えましたが、少なくとも今日のようなブロックが
作れるなら大崩はしないんじゃないかなと思いました。
意外と仕事してるね、森下監督。

ガンバに関しては、前線の動きが少なかったのが直接的な敗因だったかと思います。
連敗する中で、「ガンバのサッカーを取り戻そう」と選手間で決めてショートパスを意識していた
模様ですが、残念ながら今日はその意識が強すぎたのかもしれません。
最後のほうでパワープレーしてきたとき、怖くて仕方なかったですから・・・。


さてこの試合の翌日、日付的には昨日のことですが、ガンバのセホーン監督とロペスコーチの
解任が発表されました。開幕から公式戦5戦でのスピード解任ということで、
各所の話題を集めています。
この日の試合を見た限りでは、個人的には監督を解任する前にやれることはあるし
まだ早いんじゃないかな~と思っていましたが、去年の浦和の例もありますし、
この辺りはプロの視線というものがあるのだと思います。
後任は元ガンバの松波さん。ん?OBで若手監督で・・・どこかで見(ry
ACL は頑張ってほしいですね!


スポンサーサイト
試合の感想 |comment(0) |trackback(0) |
ユニフォーム買いました
祝!2012年Jリーグ開幕!!

本日3月4日、全国各地でJ2リーグの開幕戦が開催されました。
開幕したのはJ2だけですが、2部でもJリーグはJリーグ。
自分の好きなチームでなくとも、その事実に胸が熱くなります。

J1の開幕は来週ですが、だんだん気持ちが高ぶってきましたね!


さてさて来週札幌にて開幕戦を戦うわれらが磐田。
自分は金銭面の都合で観戦は断念しましたが、
気持ちだけは札幌に送りつける!てな具合で、先日発注したユニフォームが
本日手元に届きましたので掲載します。

2012ユニ正面
荒い画像で申し訳ないですが、今年のユニフォームです。

「ラグビージャージっぽい」とか言われているデザインですが、
個人的にはここ最近の中では一番いいと思うデザインですね。

2012ユニ背後
背後はこんな感じ。

背番号は9番の山崎くん。
先日の試合で怪我をしてしまいましたが、このユニフォームと共に
彼の復帰を心待ちにしようと思います。

今年はこのユニフォームで磐田についていくぜ!
と思ってます。ええ、思ってました。


思ってましたがね・・・


ええ、ちょっとまぁ、その・・・




実は・・・もう1枚磐田のユニフォームを新規に購入しました。





一度に2枚も買うなんてなんてリッチマン!?って感じです。
買ったのはこちら。

2001ユニ正面

はい、そうです。2001年モデルです。



・・・

・・・・・・


なんでいきなり11年前のユニフォーム買ってんの!?

いやね、違うんですよ!!違うんですって!!
このモデルはもうずっと長いこと探してて(1年半前の記事で、見つけたら買うって言ってるし!)
たまたまこのタイミングで新品タグがついた貴重なセカンドモデル見つけたから、
思わず買っちゃったんだよォ!!

おかげでサブPC用に組んでた予算がトびましたがね・・・
まぁ、いいでしょう。

2001ユニ背後
背後はこんな感じ。

背番号は業者さんに入れていただきました。
ネームが赤色になっているのは間違いではなく、当時の仕様に則っています。

え?なんで名波さんなのかって?
再現性を重視した結果です。

いや、さすがに応援するユニにあたってもういない選手の名前入れてどうするんだよって
それはすごく強く思いましたけど、今年は山崎くんユニも買ったし、いいかなーと・・・



今回のユニ購入で、手元にある磐田ユニが3枚から5枚に一気に増えました。
いろいろ選択肢が広がりんぐ!ですが、かなり傷んでしまっていたり、
現在他チームでプレーしている選手のマーキングが入っていたりするので、
今後はこの2枚を積極的に使っていくと思います。
スタジアムで見かけても(特に01年モデルは特定される危険度が高い)、
生暖かい視線で見守ってやってください。


さーて次に買うのは何年後かな!?


サッカー |comment(2) |trackback(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。