スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | comment(0) | trackback(0)|
vs 横浜FM
ヤマハスタジアムで J1第7節 磐田-横浜FM 戦を観戦してきました。
磐田戦の観戦は浦和戦@埼玉以来、約半年振り。
ヤマハスタジアムでの観戦は福岡戦以来の11ヶ月ぶりとなりました。

P1040963.jpg
ヤマハだー!ゴール裏から観戦です。

前節、敵地日本平でのダービーで今季初黒星を喫したジュビロ。
比較的上位に留まれている現状を維持するには、連敗することはできません。
しかも相手は、現在絶不調で開幕から公式戦の勝利がない横浜Fマリノス。
ホームゲームでもあり、今日はなんとしてでも勝ちたいところです。


さてこの日の夜磐は、珍しくスタジアムグルメに手を出しました。
P1040962.jpg
ヤマハスタジアム最強グルメの呼び声高いコロネット。
お値段400円。高い!!
でも普通に美味しいです。Bゲート前の広場で売っていますので、
興味のある方は是非是非ご賞味あれ~♪


磐田のスタメンはいつも通り・・・ではなく、前節から少し変えてきました。
CBの千代反田が怪我で離脱した最終ラインは、右から駒野、チョ、藤田、宮崎。
ボランチは小林と康裕、2列目には山田、松浦、ペクが並び、1トップは前田。
清水戦の前までの形です。どちらかというと、清水戦でちょっと冒険したような
形だったのでしょうかね。ペクはリーグ戦では第2節鳥栖戦以来の先発です。

P1040967.jpg
W-UP中。間近で見るとプロのシュートは凄いですね。
ボールが飛んでこないか冷や冷やしました。

P1040973.jpg
選手入場。さあ行くぜ!!


試合は開始直後からほぼ一方的な横浜FMペース。
大黒が飛び出してきたり小野が切り込んできたり中村が縦パス放り込んできたりと、
守備を縦横無尽に引っ掻き回されます。
今季は比較的高いラインを保つことが多い磐田の最終ラインが、Fマリがボールを保持している
最中はゴール近くにベッタリ張り付いてしまい、空いたバイタルエリアをシュンスケナカムーラに
面白いように使われてしまいました。

なぜこんなことになったかというと、開幕戦でFマリと対戦した柏に発生した現象と同じです。
飛び出しが得意な大黒に裏を取られることを嫌ったCBが、ゴール前にスペースを作らない
ように自陣に後退してしまう状態ですね。
加賀さんがいれば裏を取られてもスピードにモノを言わせて追いつけますが、
残念加賀さんはもう磐田にはいません。確かに後退しておくのが無難ではあります。
そんな中で八田は上げろ的な指示を大声で叫んでました。すげぇ度胸だなぁ・・・。

そうなると磐田としてはさらにスペースを埋めるために2列目の選手たちを守備に参加させざるを
えないのですが、その結果どうなってしまったかというと敵陣に前田しかいない展開。
ロングボールを当てても周りには敵しかいないので簡単に奪われます。
じゃあ2列目の上がりを待とうとすると、あがる頃には横浜の選手が自陣に戻っているので
スペースがありません。さらに前線からのチェックがしつこいので前に出す余裕がなくなり、
バックパス→バックパスで八田まで後退、八田のキックがいつも通りラインを割って
Fマリボールに。じゃあサイドバックのところで時間を作ってラインを上げようとすると
Fマリの選手が猛然とチェックに来るのでCB→八田と戻ってラインを(ry

つまり、打つ手なし。

なんだよFマリ、今季開幕戦勝利ナシとか言ってる割にめちゃくちゃつえーじゃねーかと
悪態を吐いていたら、山田の反則級ミドルが炸裂。

なんの前触れもなく磐田が先制しました。


バケモノかコイツ。

これはちょっとFマリが気の毒でした。
綿密に練ったプラン通りに試合を進めて、磐田をほぼノーチャンスに押さえ込んでいたにも
関わらず、こんな個人技ありきのスーパーミドルを叩き込まれてしまっては、
戦術も試合の流れも何もあったものではありません。
正確な戦術が必ずしも勝利に結びつくものではないのがサッカーの面白く、かつ残酷な
ところでありますが、それにしたってこれは残酷すぎるなぁ・・・というのが率直な感想。

この一点でプッツンきてしまったのか、直後からFマリの選手たちの態度が目に
見えて悪化するという残念な事象が起きました。
オーバーラップが実らなかった栗原が、悪態を吐きながらコーナーフラッグをブッ叩いて
傾かせたまま立ち去っていった時は、「おォい直せや!!」と叫んでしまいました・・・。

そんなこんなで、不思議な不思議な前半45分が終了。
形だけでも磐田はリードして後半を迎えます。

ハーフタイムに身体を動かす菅沼ミノル(左)
P1040975.jpg
開幕からリーグ戦では全試合で先発を務めてきたミノルですが、
この日は今季初めて先発を外れた上に結局出番ナシ。
うーん、前節そんなに悪かったようには見えなかったんだけどなぁ・・・。
もっかいスタメン奪取を目指して頑張れ!!

さて後半ですが・・・
45分間ずっと磐田が守って終わりでした。

いや、手抜きではなく本当にずーっと守ってました。
後半は逆サイドになったのでラインがどうとか見えませんでしたが、
クロスをバッカスカ放り込まれてシュートもドカドカ打たれてサイドもガツガツ抉られながら
ひたすら時間が過ぎるのを待っていました。いや、本当に失点しなかったのは奇跡の一言。
中村のクロスに大黒がニアで合わせたシーンなんか、入らない方がおかしいと思います。
他にも、齋藤のゴールがオフサイドで取り消されたり、PKっぽいシーンがFKになったりと、
なんかもうすげー幸運だなぁ・・・と思う場面がてんこ盛り。
Fマリサポさん方からすれば「なんでだよ!」てシーンがたくさんあったことでしょう・・・。

とはいえ、チョの高さを活かした跳ね返しや藤田のクレバーな読み、
ここぞというところでの八田の好守があったこともまた事実です。
運も多分にはありましたが、磐田の選手たちの頑張りも評価されて然るべきでしょう。
特に八田に関しては、納得のMVPと言わざるをえません。キックはアレでナニですが。


さて、この日は開幕前の骨折で離脱していた山崎亮平がついに今季初出場を果たしました。
P1040976.jpg
うおー!!亮平!亮平!!!

30分という短い時間ではありましたが、縦への突破やテクニックで、随所で光るものを
見せてくれました。まだコンディションは4割程度しか整っていないそうですが、
これからどんどん調子を上げていってもらいたいところです。


とまぁ、いろいろありましたが、結局のところはですね・・・

ジュビロ、Fマリに完封勝利!!!

P1040980.jpg
うお~やった~!!


依然として課題はかなり残っていますが、それでもかいまくから7試合で積み上げた勝点は
今日で14に達し、片手で数えられる順位に留まっているなら上出来も上出来です。
悪い内容で残留するのと良い内容で降格するなら、絶対に前者をとるべき。
その点、チームを作りながらある程度勝点を稼げている現状は少なくとも憂うものではありません。

なにより、勝つと嬉しいしね!!



そんなこんなの、磐田戦記でした。
次の観戦はGWの川崎戦@等々力になりそうです。
このまま勢いに乗って、少しでも降格圏から離れていきましょう!!

スポンサーサイト
試合の感想 |comment(2) |trackback(0) |
コメント

お疲れ様でした~。
スタグルに関してはいいとこ載せましたねw カレーは華麗にスルー・・っと。

ほんと、試合後に話してた通り「この試合勝てなかったらどこで勝つんだ」って感じですけど、まぁ先は長いですし・・・。
来年も磐田でゲームできるように頑張りますw

2012/04/23(月) 00:18:21 | URL | ふんぎ #-[ 編集]

>> ふんぎくん

お疲れ様でした!いや~・・・あれはちょっと(笑

嫌味でも全然なくて、内容はホントに良かったと思うから、信じて応援して行こう。
こっちも安泰ってわけじゃないし、お互いがんばろw
2012/04/23(月) 23:37:05 | URL | 夜磐 #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://yoruiwa.blog9.fc2.com/tb.php/295-c69ce4b6
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。